足の健康クラブ 足の健康クラブ
HOME ごあいさつ 靴と足 足の悩み 解決策 お問い合わせ サイトマップ
HOMEほっと通信Index>第2回
ほっと通信

★姿勢をよくする靴!?

【2009年4月3日】

パソコンとかで最近背中や腰が疲れ気味な方にお勧めな靴がドイツで出たようです。
ロールシューズといって歩いているときの姿勢がよくなり、歩くだけで自然に足の筋肉を鍛える優れもの。
しかもドイツのAGRという認定機関によって腰痛予防の効果を認定されたお墨付きです。
姿勢をよくする靴
姿勢をよくする靴
AGR AGRとは、ドイツ語の‘Aktion Gesunder Ruecken’の略で、脊椎の健康を推進する目的で設立された社団法人で、この団体は、医師、医療保険組合、理学療法士、そして産業界が協力して活動しています。
靴外来」でご相談を承っているそうです。

 
〜 コビラスシステムによる前傾角測定 〜
前傾角:立脚中期(大転子・外果ライン垂直時)における耳垂・大転子ライン傾斜角
コビラスシステムによる前傾角測定
市販靴歩行:左
 
市販靴&ロッカーソール歩行:左
 
〜 ロッカー(ロール)ソールシューズ 〜
ロッカー(ロール)ソールシューズ
 
■ロッカーソール歩行
ロッカーソール歩行
・安定した踵の接地
・腓腹筋の働きが活発となり、筋肉にかかる衝撃を軽減
・荷重をアーチサポートで支持し、過回内や縦アーチ低下を矯正 ・足関節へかかるモーメントの減少
・前足部への負荷を軽減
 
■市販靴による歩行
市販靴による歩行
・強いテコの作用
・足部および体幹への不安定性
・関節と下肢筋肉への過剰な負担
・中足部への支えが制限される
・静止状態での接地部への過剰な負担
・前足部への大きな圧力
・中足骨頭への過剰な負担


【取材協力】
<靴外来>両国あしのクリニック(予約制)
<ショップ>フスウントシューカルチャー 本店
BACK
ashi-kenko.netのHomeへ